Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

愚行録

週刊誌記者の主人公(妻夫木聡)は、幼児虐待による妹(満島ひかり)の逮捕から目をそらすように、一年前に起こったエリート一家惨殺事件の掘り起こし取材に没頭していた。見栄や嘘、嫉妬や階級意識など、誰もが日々積み重ねている“愚行”を淡々と描きつつ、いつしかそれらが絡み合って謎の中心に迫り寄っていく様はお見事。直木賞候補となった貫井徳郎の同名小説が原作。準主役の小出某が起こした淫行事件で劇場公開が中止となって“まさに愚行”というオチまでついたが、それで埋もれさせるのは惜しい良作。

【CDジャーナル 2017年09月号掲載】

ゴースト・イン・ザ・シェル

アニメ、小説、ゲームとさまざまな派生作品を生み出してきた95年の士郎正宗のマンガ『攻殻機動隊』のハリウッド流解釈。人工パーツの発達でロボットと人間の境目すら危うくなってきた未来、政府は軍事目的で人間の脳を義体に移植する技術を開発していた──と、実はストーリーはわりとどうでもいい。見るべきは、本腰を入れて映像化した未来の光景やテクノロジー。記憶の入れ替えができれば空想と現実は同じもの、と、そんな感覚さえも巧みに映像化している。題材はもはや古典だが、SF映画としての出来は出色。

【CDジャーナル 2017年09月号掲載】

パッセンジャー

5000人の乗客が巨大宇宙船の中で人工冬眠し、120年をかけて別の惑星への移住を試みる。しかし何かの故障か、予定より90年も早く一人の男が、続いてまた一人の若い女が目を覚ましてしまう。このままでは二人きり、船の中で残り数十年の人生を終えることに──! 孤独と絶望、諦観、そして二人の関係性の変化。SFとしては決して新奇な題材ではないが(藤子・F・不二雄なら30ページのマンガにしそう)、それがちゃんと魅力的に見えるのは、恋愛モノとして上出来だから。そして宇宙船のデザインがカッコいい!

【CDジャーナル 2017年08月号掲載】

SING / シング

3DCGでデフォルメされた、どこか人間くさい動物たちのミュージック・コメディ。知ってる歌が次々出てくる! 破産寸前の劇場支配人が、素人シンガーたちを集めて再起を図るものの、手違いと勘違いの連続で──。ゲームセンターの“ガチャポン”を思い出した。いろいろな流行歌をチャチにしてカプセルに詰め、次に何が出てくるかわからない、音楽のガチャポン。チープだけど楽しい。日本語版の歌唱シーンも本家版に遜色ないなあと思ったら、歌はMISIA大橋卓弥スキマスイッチ)、大地真央と、豪華メンツを揃えてた。

【CDジャーナル 2017年08月号掲載】

マリアンヌ

戦時中のモロッコで偽装夫婦となった二人の諜報員が、ナチス要人の暗殺という使命を果たして生き延び、互いに惹かれ、逃れ出たロンドンで本物の夫婦となる。空襲のさなか、愛娘も授かった。しかしその幸福は、夫が上層部から受けた通告で崩れかける──「君の妻は二重スパイの疑いがある。もしそうなら、殺せ」。何より主演の二人が美しい。夫役にブラピ、妻は『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のM・コティヤール。抑制の効いた官能描写も切なく艷やか。ロマンスとしてもサスペンスとしても成立している、丁寧な良作。

【CDジャーナル 2017年07月号掲載】

アイヒマンの後継者

何も知らない被験者に他人に電気ショックを与える課題を出し、“良識ある人間がなぜ残虐行為に走るのか”“人はいかに権威に服従するか”を検証する、60年代の有名な社会心理学の実験。そのほか、今では倫理的に許されそうもない実験の数々をおりまぜ、ある科学者の人生を描く。もともとは“ナチスホロコーストはなぜ起こったか”という疑問に対しての純粋な科学的探求だが、やはりどの場面も痛々しい。後味はけっして良くないものの、これも人間社会を紐解くための必要悪というものか。

【CDジャーナル 2017年07月号掲載】

手紙は憶えている

目を覚ますたびに妻の姿を探し、もう亡くなっていることを知らされて落胆する──認知症を患って施設で暮らす90歳の老人。ある日彼は友人に一通の手紙を託された(手紙なら、記憶を失ってもまた思い出せる)。記されていたのは、彼らがアウシュビッツで家族を殺された過去と、今も身分を偽って生きているその犯人。人生の締めくくりを意識しつつ、老人は静かな復讐の旅に出る──。復讐の残酷さ、という言葉を意識してラストまで観てほしい。描きつくされたかと思われていたホロコーストの、意外で新たな一面が見える。

【CDジャーナル 2017年06月号掲載】