Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

2018-12-20から1日間の記事一覧

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

これは実話でなければ“絵空事にすぎる”と脚本をボツにされるパターン。 94年、リレハンメル五輪の選考会となる全米フィギュア選手権で、練習を終えた大本命のナンシー・ケリガンが何者かに襲撃され、膝を殴打されて大会を欠場。一方トーニャは優勝を果たした…

ウインド・リバー

白人により極寒の居留地に押し込まれてくらす米国先住民。ある雪の深い夜に一人の少女が裸同然で雪道を逃げ、冷たくなって発見される。 死んだ少女は実は他にもいたが、訪れたのはFBIの若い女性捜査官ひとり──。 雪の強い閉塞感。社会からの隔絶感。そこでは…

彼の見つめる先に

まだ女の子のほうが少し背が高い、思春期の真ん中あたり。 盲目の少年とその幼馴染の少女の関係がひとつ前に進もうとしていたころ、その間に割り込む形で、ひとりの転校生がやってきた。 親に内緒のパーティや真夜中のプール、初めてのキスへの期待や不安。 …