Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

兵動大樹のおしゃべり大好き。

近年“長尺のお笑いはテレビでなくDVDで楽しむもの”という流れができつつある。テレビでできないネタを舞台でやって、DVDで売る。十把一絡げのヒナ壇番組や瞬発力重視のネタ見せ番組ばかりがはやる中、テレビでちゃんとした“話芸”を楽しめるのは『人志松本のすべらない話』くらいか。で、その『すべらない話』に計4回出演し、うち3回MVPを獲得したのが、今回初の単独DVDを発売した兵動大樹。話芸や人間観察には定評のある中堅で、本作はそのトーク・ライヴの中から14の演題を収録。観客たちと会話するようにしてしゃべる身近なネタが、じんわりと笑える。突飛でなく“どこにでもいるオモロイ兄ちゃん”風に芸を極めているのがエラい。

【CDジャーナル 2008年09月号掲載】