Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE / LIFE

デビュー20周年を記念した本人監修のベスト盤。 21歳でデビューした頃の“ラブ”と、40歳になった(2010年当時)今の“ライフ”、槇原が葛藤しながら大切にしているものが選曲からも伝わってくる。セルフライナーが槇原らしい素直さで、“「SPY」は残念ながら実話”“「No.1」のチョコレート工場は実家近くの明治製菓”など、楽曲のオリジンが惜しげなく披露され、ファンには貴重。今回合計7曲がリアレンジされたが、中でも隠れた名曲「LOVER LETTER」は原曲よりもヴォーカルを前面に出したぶんノスタルジックな情感が増し、秀逸。

【CDジャーナル 2010年01月号掲載】