Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

スリーデイズ

ある朝、妻が逮捕された。親子三人の平穏な暮らしが突然壊れてしまう。容疑は女上司の殺害。妻はその上司と仕事で衝突した直後で、物証や目撃証言もある。無実を信じる夫はそこで──他の映画なら警察や司法との戦いになるところだが、この夫、穏便に見えて実は無頼派。妻を奪還すべく、巧妙かつ荒っぽい脱獄策を練る! 08年の仏映画『すべて彼女のために』のリメイクだが、オリジナルと違い肝心要の核心を結末まで明かさない。余計な工夫をせずとも、シンプルな脱走活劇として十分楽しめるのだが……。

【CDジャーナル 2012年04月号掲載】