Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

おとなの恋の測り方

離婚した夫との関係がギクシャクしているディナーヌが偶然出会ったのは、優しくユーモアがあり、リッチで積極的なアレクサンドル──ただしその身長は136cm! しかし、本人は自分の障碍を気にはしてない。女性の口説きっぷりも堂々としていて、気持ちいいほどに前向き。情緒あふれる南仏マルセイユを舞台に、洒脱で粋なロマンス・コメディに仕上がった。“逆身長差カップル”という一風変わった設定が、かえって普遍的な愛を感じさせる。主人公が建築家なだけあって、背景に見える建築や家具もステキ、注目!

【CDジャーナル 2018年02・03月合併号月号掲載】