Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

ベイマックス

ハマダ兄弟はロボット工学の若き天才。実直な兄は人間を癒やすケア・ロボット「ベイマックス」を大学で開発中。やんちゃな弟は、違法の戦闘ロボット賭博に夢中。しかし兄が死に、その裏に何かあると知った弟は──。ストーリーや映像は、アカデミー賞のお墨付き。注目すべきは、遊び心たっぷりの日本オマージュの数々。舞台はサンフランシスコと東京が入り交じる街で、金門橋は鳥居型に! 主人公のTシャツにはマジ○ガーZが! 空手に歌舞伎にロケット・パンチ! 仕込まれた小ネタを探すだけでも楽しいー◎

【CDジャーナル 2015年06月号掲載】