Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

エージェント・ウルトラ

ザ・中二病映画。何もできずダラダラと日々を送る若者マイクは、実はあまりの危険さにその能力と記憶を封印されたCIAの殺戮者だった! 50〜60年代のCIAの洗脳実験“MKウルトラ計画”をモチーフに、周囲の日用品を即興で利用したアクションで魅せる。主演は『ソーシャル・ネットワーク』の J・アイゼンバーグと『トワイライト』のK・スチュワート。かのスティーブン・キングTwitterで「すごくクール。なんでヒットしなかったんだろう」と言っていたが、たぶんそれは全体から漂うオタク臭とマリファナ臭のせい。

【CDジャーナル 2016年08月号掲載】