Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

SING / シング

3DCGでデフォルメされた、どこか人間くさい動物たちのミュージック・コメディ。知ってる歌が次々出てくる! 破産寸前の劇場支配人が、素人シンガーたちを集めて再起を図るものの、手違いと勘違いの連続で──。ゲームセンターの“ガチャポン”を思い出した。いろいろな流行歌をチャチにしてカプセルに詰め、次に何が出てくるかわからない、音楽のガチャポン。チープだけど楽しい。日本語版の歌唱シーンも本家版に遜色ないなあと思ったら、歌はMISIA大橋卓弥スキマスイッチ)、大地真央と、豪華メンツを揃えてた。

【CDジャーナル 2017年08月号掲載】