Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

ジーサンズ はじめての強盗

長年の工場勤めを終え、隠居したはずのジーサン3人組。身勝手な企業や銀行の都合で年金は打ち切り、家まで失いそうに。3人は意を決し、なんと銀行強盗に挑むことに──。主演の3人組がモーガン・フリーマンマイケル・ケインアラン・アーキンと全員オスカー俳優で、プラス『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクことクリストファー・ロイドがいい味のボケ老人を演じる。劇中の老人の洒脱な雰囲気とともに、老優それぞれの人生を重ね見て、「こんなジーサンになりたい!」と思わされる軽快で小粋なコメディ。

【CDジャーナル 2017年12月号掲載】