Shota’s Movie Review

2003年から「CDジャーナル」誌(音楽出版社 刊)に掲載されてきた映画レビューを再録しています。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

タイトルの“Project”とは貧困層向け共同住宅の意味で、フロリダ・ディズニー・ワールド近辺の安モーテル街が舞台。無邪気というよりは邪気満々の小憎たらしい子どもたちの目を通して、小さなズレが積み重なる米国社会を見て取らせる。艷やかなのにどこか色褪せ、夢と失望を同時に感じさせる街や建物の色彩が印象的。厳しい顔をしながらも子どもたちを見守る老管理人役をウィレム・デフォーが好演。監督は、全編iPhone撮影でトランスジェンダー娼婦の日常を描いた『タンジェリン』のショーン・ベイカー

【CDジャーナル 2018年10月号掲載】